2003年8月15日
  • 文字サイズ
  • 印刷

なぜ靖国参拝が政治問題になるのか

マル激トーク・オン・ディマンド 第126回

 首相が春の例大祭に参拝を済ませていることもあり、今年の8月15日は、靖国参拝は政治問題にはならなかった。しかし、国立慰霊施設の議論は放置され、メディアは参拝した閣僚の公私の区別のみを取りあげる茶番を繰り返している。昨今の靖国論争に欠けているものを考えた。他、北米大停電、米朝不可侵条約など。

  • 登録
  • 解除