2003年12月26日
  • 文字サイズ
  • 印刷

2003年世界はこう動いた

マル激トーク・オン・ディマンド 第145回

 2003年はアメリカのイラク攻撃に始まり、自衛隊のイラク派遣で幕を閉じようとしている。来年は、果たしてイラク攻撃が正しかったのか、それを支持し自衛隊を紛争地域に派遣する日本の判断がどのような結果をもたらすことになるのかが、明らかになるだろう。一方、イラク問題の陰に隠れていたが、経済面でも小泉改革の真価が問われる1年になる。2003年最後のマル激では、今年印象に残ったテーマやゲストを振り返り、あらためてこの1年間日本がどこに向かったかを考えた。他、今年のマル激イチ推し映画など。

  • 登録
  • 解除