2004年6月23日
  • 文字サイズ
  • 印刷

プロ野球はその使命を終えたのか

二宮清純氏 (スポーツジャーナリスト)
マル激トーク・オン・ディマンド 第170回

 戦後の高度成長とともに発展してきた日本のプロ野球。しかし、相次ぐスター選手のメジャーリーグ移籍に加え、企業の広告塔としての効果にも疑問符が付くなど、ここ数年は大きな曲がり角にさしかかっていた。そして、遂にパリーグから脱落する球団が出るまでに至った。なぜプロ野球はビジネスとして行き詰まったのか。ビジネスとして成功しているJリーグやメジャーリーグから学ぶべき教訓 は無いのか。スポーツジャーナリストの二宮清純氏とともに、日本問題の一つの縮図とも言うべきプロ野球問題を考えてみた。他、ジャーナリスト遺体写真掲載の是非など。

  • 登録
  • 解除