2014年6月24日
  • 文字サイズ
  • 印刷

ヤジを飛ばしたのは一人ではなかった
塩村都議会議員が外国特派員協会で会見

 都議会で「早く結婚した方がいい」、「産めないのか」などのヤジを受けたことが大きな波紋を呼んでいる塩村文夏都議会議員が6月24日、外国特派員協会で会見を行い、ヤジを飛ばしたのは一人ではなかったとの認識を改めて強調した。
 塩村氏は6月18日の都議会の本会議での一般質問の際に、女性を蔑視するようなヤジを浴びせられ「耳を疑った」と語り、心ない発言に対する怒りを露わにした上で、ヤジを飛ばした議員は名乗り出て欲しいとの思いを語った。
 塩村氏に対するヤジについては、23日に自民党の鈴木章浩都議会議員が、「早く結婚した方がいい」とヤジを飛ばしたことを認め塩村氏本人にも謝罪している。しかし、「産めないのか」など他のヤジについて鈴木氏は、自分の発言ではなかったと、これを否定している。
 ヤジを飛ばした他の議員が特定されない場合、名誉毀損や侮辱罪で刑事告訴を行う意思の有無を問われた塩村氏は、「今は再発防止を優先したい」とした上で、「法的手段は排除しないが、本当の最終手段だと思っている」と述べるにとどめた。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除