2015年3月5日
  • 文字サイズ
  • 印刷

美濃加茂市長収賄事件
無罪判決を受けて喜びの会見

プレスクラブ (2015年03月05日)

 雨水浄化設備導入をめぐり30万円の賄賂を受け取ったとして、収賄罪などに問われた美濃加茂市の藤井浩人市長の判決公判が5日、名古屋地裁で行われ、鵜飼祐充裁判長は、「現金授受は認められない」と述べ、無罪を言い渡した。
 判決を受けて、藤井市長と主任弁護人の郷原信郎弁護士らが会見を行い、無罪判決への喜びを表すと同時に、不確かな証拠で現職市長を逮捕・起訴した警察と検察の姿勢を批判した。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除