2015年6月12日
  • 文字サイズ
  • 印刷

政界長老4人が集団的自衛権に反対を表明

プレスクラブ(2015年6月12日)

 閣僚を歴任した戦前生まれの政治家4人が6月12日、日本記者クラブで講演し、今国会で審議されている安保法制に反対の意思を示した。

 会見を行ったのは山崎拓、亀井静香、藤井裕久、武村正義氏の4人。今は政界からは引退しているものの、いずれも元衆院議員であり、閣僚や党幹部などを歴任してきた面々だ。

 自民党防衛族のドンとして知られた山崎氏は、後方支援は戦闘行為が行われている地域から離れた場所にあると説明されている点について、戦闘行為が移動すれば後方も戦闘に巻き込まれることは十分にあり得ると指摘し、政府の説明に疑問と呈した。

 4人の中で最年長の82歳となる藤井氏は、安倍首相の祖父である岸信介元首相が、現行憲法の下では海外派兵は出来ず、憲法改正が必要だと考えていたことを指摘し、首相はこの事実を重く受け止めるべきだと主張した。

 ビデオニュース・ドットコムではこの会見の模様をノーカットで放送している。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除