2015年7月2日
  • 文字サイズ
  • 印刷

「日本の民主主義は危機的な状況」
「つぶさないといけない」沖縄2紙の編集局長が会見

プレスクラブ(2015年7月2日)

 自民党の勉強会で「沖縄2紙は潰さないといけない」と名指しされた琉球新報の潮平芳和、沖縄タイムスの武富和彦両編集局長が、7月2日、外国特派員協会と日本記者クラブで相次いで会見し、政治圧力に怯むことなく今後も沖縄の民意を伝える立場を貫く姿勢を強調した。

 琉球新報の潮平芳和編集局長は経団連に広告の引き上げを働きかけるとした発言は、「メディアを兵糧攻めにして言論の自由を奪う発想で極めて危険」と述べた。

 沖縄タイムスの武富和彦局長は中央紙は沖縄国際大学の米軍ヘリ墜落事故の際の報道を例にあげながら、「全国紙は地方の視点が欠けている」と、全国紙の沖縄報道に苦言を呈した。

 また、両編集長は自民党政治家や勉強会に講師として招かれた百田尚樹氏の発言による経営面での影響について、「むしろ激励の手紙やメールが増えた」として、マイナスの影響は出ていないと語った。

 ビデオニュース・ドットコムでは外国特派員協会と日本記者クラブの2つの会見を、ノーカットで放送中。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除