2014年9月13日
  • 文字サイズ
  • 印刷

朝日新聞が吉田調書の記事を取り消し謝罪

プレスクラブ

 朝日新聞社の木村伊量社長は9月11日に朝日新聞本社で記者会見を開き、5月20日に朝日新聞が報道した、福島第一原発の吉田昌郎所長の調書に関する記事を取り消すとともに、謝罪した。
 木村社長はまた、この問題の責任を取る形で杉浦信之取締役の編集担当の職を解き、自身の進退についても社の改革に道筋をつけた上で決定すると語った。
 朝日新聞は5月20日の朝刊で、独自に入手した政府事故調が作成した福島第一原発の吉田所長の調書に基づき、「所長命令に違反 原発撤退」などの見出しをつけた上で、東電の職員が所長命令に反して第一原発から撤退したとする記事を掲載していた。
 会見で木村社長は朝日新聞が、避難した職員が命令の存在を知っていたかどうかを確認していないことを認めた上で、「記者の思いこみやチェックミス」により、職員らが所長命令を知りながら逃げ出したような印象を与える間違った記事だったとして、深々と頭を下げ読者並びに東電の職員に謝罪した。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除