HEADLINE

水道民営化法案とかやってる場合ですか

2018年7月14日

水道民営化法案とかやってる場合ですか

橋本淳司氏(水ジャーナリスト)

マル激トーク・オン・ディマンド 第901回

一覧を見る 200人を超える人命を奪った西日本豪雨では、27万戸を超える世帯が断水に見舞われた。1週間が経った今も、20万を超える世帯で水道が復旧しておらず、復旧・復興の足を引っ張っている。
 今回は未曾有の大雨のため、取水施設や浄水場が水没したことによる断水もところどころで起き・・・

世界がこれだけサッカーに熱狂するわけ

2018年7月7日

世界がこれだけサッカーに熱狂するわけ

吉田文久氏(日本福祉大学スポーツ科学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第900回

一覧を見る サッカーのW杯ロシア大会の決勝トーナメント1回戦の日本対ベルギーの試合は、試合開始が日本時間で午前3時という悪条件にもかかわらず、テレビ中継の瞬間最高視聴率が42.6%を記録したという。
 実際、ワールドカップの人気は凄まじい。今大会はまだベスト4が出揃っていない段階だが、既・・・

オウム事件について、われわれが忘れてはならないこと

2018年7月7日

オウム事件について、われわれが忘れてはならないこと

ニュース・コメンタリー

一覧を見る  1995年に起きた地下鉄サリン事件などへの関与で死刑が確定していたオウム真理教の松本智津夫死刑囚ら7人の死刑が、7月6日に執行された。
 自らの教義を正当化するために、殺人などの数々の犯罪行為を繰り返したオウム真理教の行為は断罪されなければならない。と同時に、なぜ多くの優秀な若者があのような教団に引き寄せられていった・・・

ブラジルサッカー惨敗に見る「世界の危機」

2014年7月19日

【再放送】ブラジルサッカー惨敗に見る「世界の危機」

今福龍太氏(東京外国語大学大学院教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第692回

一覧を見る 7月13日に閉幕したサッカーのワールドカップ・ブラジル大会は高い身体能力を備えた選手を揃えたドイツが、高度に統制された戦術のもとで全員が精力的に走り回る合理主義サッカーで世界の頂点に立った。しかし、今大会で最も多くの耳目を引いたのは、何と言ってもホスト国で「サッカー王国」の・・・

今さらカジノなんてやめておけ

2016年12月10日

【再放送】今さらカジノなんてやめておけ

鳥畑与一氏(静岡大学人文社会科学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第818回

一覧を見る 日本ではお隣りの韓国の政治やアメリカのトランプ大統領の動向により多くの関心が集まっているようだが、その間も、日本の国会では重要な法案が次々と審議され、成立している。
 12月6日にはカジノの設置を謳うIR法案が衆院を通過し、14日の今国会会期末までに成立する・・・

不祥事続きの今こそ考えたいスポーツ本来の存在意義

2018年6月9日

不祥事続きの今こそ考えたいスポーツ本来の存在意義

中村聡宏氏(千葉商科大学専任講師)

マル激トーク・オン・ディマンド 第896回

一覧を見る スポーツ界の不祥事が止まらない。
 日大アメリカン・フットボール部の選手による悪質な反則タックルは、大きな社会問題にまで発展した。思えば、柔道、相撲、カヌー、バドミントン、レスリング、水泳等々、スポーツ界では大きな・・・

官僚は政治に一方的に押し切られてはダメだ

2017年5月27日

【再放送】官僚は政治に一方的に押し切られてはダメだ

前川喜平氏(前文部科学事務次官)

マル激トーク・オン・ディマンド 第841回

一覧を見る 一人の元官僚が、権力の頂点に君臨する首相官邸に公然と歯向かっている。そして問題は、なぜ彼がそのようなことをしなければならないかにある・・・

  • 登録
  • 解除