HEADLINE

トランプのアジア歴訪に見るパクス・アメリカーナの終焉

2017年11月18日

トランプのアジア歴訪に見るパクス・アメリカーナの終焉

渡辺靖氏(慶應義塾大学教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第867回

一覧を見る 「パクス・アメリカーナ」が、いよいよ終焉を迎えつつあるようだ。しかし、そこに一帯一路を掲げて台頭する習近平の中国は、一体どのようなオルタナティブな価値を提示しようとしているのだろうか。
 先のトランプ大統領の初来日では、植民地と宗主国の関係を彷彿とさせるような日本の異様なま・・・

ロシアゲートに揺れるトランプ政権はどこまで持つか

2017年11月18日

ロシアゲートに揺れるトランプ政権はどこまで持つか

ニュース・コメンタリー (2017年11月18日)

一覧を見る トランプがアジア歴訪に出発する直前から、ワシントンではトランプ政権の屋台骨を揺るがすと言っても過言ではない事態が進行していた。
 2016年の大統領選挙でトランプ陣営がロシアと共謀して選挙結果に影響を及ぼそうとした疑惑がもたれている、いわゆるロシアゲートに大きな動きがあったのだ。・・・

外国人技能実習制度の「適正化」で問われる日本社会のカタチ

2017年11月11日

外国人技能実習制度の「適正化」で問われる日本社会のカタチ

安里和晃氏(京都大学文学研究科文化越境専攻准教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第866回

一覧を見る 外国人技能実習制度の対象職種に「介護」を加える新たな法律が11月1日に施行された。
 外国人技能実習は外国人が働きながら日本の技術を学ぶという触れ込みで農業や製造業を対象に1993年に始まった制度。現在もおよそ23万人がこの制度の下で、技能実習を受けている。建前上は日本・・・

トランプが変えたアメリカと世界の今

2017年11月4日

トランプが変えたアメリカと世界の今

前嶋和弘氏(上智大学総合グローバル学部教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第865回

一覧を見る トランプ大統領が来日する。
 昨年の11月8日の世界に衝撃を与えたあの大統領選の勝利から約1年。人類史は「トランプ前」と「トランプ後」に分類されるようになるだろうと言われるほど、トランプ政権の誕生とその後の政権・・・

今こそ科学者が社会的責任を果たさなければならない時だ

2017年9月14日

今こそ科学者が社会的責任を果たさなければならない時だ

安斎育郎氏(立命館大学名誉教授)

マル激トーク・オン・ディマンド・プラス 第4回

一覧を見る 2011年の福島第一原発の事故は科学技術に対する過信に警鐘を鳴らす契機となった。また、現在日本学術会議などで、科学者が防衛省の研究を請け負うことで間接的にせよ軍事研究に参画することの是非が盛んに議論されているのは周知のところだ。・・・

  • 登録
  • 解除