国債と金利をめぐる300年史

国債と金利をめぐる300年史
  • 著者:玉木伸介
  • 価格:2800円(税抜き)
  • 出版:東洋経済新報社
  • サイズ:348ページ
  • ISBN:4492620613
  • 発売日:2005/7/15

著者プロフィール

1956年東京都生まれ。79年東京大学経済学部卒業。83年ロンドン大学修士課程修了。79年日本銀行入行。考査局、企画局、国際局、総合研究開発機構(NIRA) 主任研究員、預金保険機構財務部長、年金積立金管理運用独立行政法人審議役・企画部長などを経て2011年より現職。22年より厚労省社会保障審議会年金部会部会長代理。著書に『年金2008年問題-市場を歪める巨大資金』、共著に『国債と金利をめぐる300年史~英国・米国・日本の国債管理政策』など。

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について