肥田舜太郎

プロフィール

肥田舜太郎(ひだ しゅんたろう)氏
医師、全日本民医連顧問
1917年広島県生まれ。43年日本大学専門部医学科卒業。44年陸軍軍医学校卒業。軍医として広島陸軍病院に赴任。国立柳井病院(現独立行政法人国立病院機構柳井病院)、西荻窪診療所、医療生協さいたま行田協立診療所、全日本民医連理事、埼玉民医連会長などを経て、2011年より現職。著書に『広島の消えた日—被爆軍医の証言』、共著に『内部被曝の脅威—原爆から劣化ウラン弾まで』など。
※このプロフィールは2011年12月10日の放送で使用したものです。

出演放送

著書

広島の消えた日―被爆軍医の証言

  • 著者:肥田舜太郎
  • 価格:¥1785 (税込)
  • 出版:影書房
  • サイズ:218ページ
  • ISBN:487714403X
  • 発売日:2010年4月

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について