2017年1月21日
  • 文字サイズ
  • 印刷

オバマ政権の経済政策を採点する
インタビュー:吉崎達彦氏(双日総合研究所チーフエコノミスト)

インタビューズ(2017年1月21日)

 1月20日にトランプ新政権が発足し、オバマ政権は幕を閉じた。

 トランプ新大統領は、オバマ政権が取り組んだ数々の政策を180度転換させることを宣言しているが、果たしてオバマ政権の8年は失敗だったのだろうか。

 双日総合研究所チーフエコノミストの吉崎達彦氏にオバマ政権の経済政策(1.金融危機、2.オバマケア(医療保険改革) 3.環境政策、4.経済外交)についての評価を伺った。

 トランプ新大統領が一番最初に廃止を宣言した医療保険制度改革「オバマケア」は、2000万人の無保険者を救済した。しかし吉崎氏は、リーマンショックから経済がまだ立ち直っていない2010年のタイミングで法案を通したことで、保険加入の義務付けが中小企業の雇用創出の重しになるなど、経済政策としては失敗だったと断じる。

 一方、環境政策について吉崎氏は、パリ協定を発行させた意義は大きいと評価した。

(インタビュアー:神保哲生(ビデオニュース・ドットコム))

アメリカ大統領選
安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
  • 登録
  • 解除