2015年6月5日
  • 文字サイズ
  • 印刷

塩崎厚労相「反省すべき所は反省しないといけない」

プレスクラブ(2015年6月5日)

 塩崎厚生労働相は6月5日の閣議後の記者会見で、日本年金機構の個人情報流出問題に関し、「国民の皆様におわびを申し上げる」と陳謝した上で、「それなりに手続きは踏んできたと思うが、報告があがってなかったことも事実。反省すべき所は反省しないといけない」と語り、日本年金機構の対応に問題あったことを改めて認めた。
 今回の情報流出問題では、5月8日に政府の専門機関から年金機構で不審な通信があったことが厚労省に報告されれていたが、年金局の担当者が上司に報告していなかったため、塩崎厚労相が初めて同問題で報告を受けたのは5月28日だった。
 塩崎厚労相はまた、甲斐中辰夫元最高裁判事を委員長とする検証委員会を6月4日に立ち上げ、原因究明などを行っていくことを明らかにした。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除