2014年3月20日
2014年3月20日
  • 文字サイズ
  • 印刷

遠隔操作ウイルス事件
「検察の主張は矛盾だらけだった」
第4回公判後に片山氏らが会見

プレスクラブ

 遠隔操作ウイルス事件の第4回公判が3月20日、東京地裁で開かれ、公判後被告の片山祐輔氏が、弁護団とともに記者会見を行った。
 「検察の主張は矛盾だらけ。いくらでも突っ込みどころがある。私が犯人だと言い続けられるのが不思議だ。」片山氏はこのように語り、検察側は片山氏の犯人性を証明できていないとの見方を改めて強調した。
 主任弁護人の佐藤博史弁護士は、これまで検察側の証人として3人の警察官と1人の民間のコンピュータ・セキュリティ会社の職員が証言をしたが、片山氏が遠隔操作ウイルスを作る能力があったことも、片山氏のパソコンが真犯人によって遠隔操作されていた可能性も否定できていないとの見方を示した。

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除