2013年4月4日
  • 文字サイズ
  • 印刷

0増5減案は論外、一人別枠の廃止を

山口邦明氏(弁護士)
インタビューズ (2013年04月04日)

 昨年の衆院選における一票の格差をめぐって違憲・無効判決が相次ぎ、政府は0増5減で格差をぎりぎり2倍未満に抑えることで乗り切ろうとしているが、一票の格差問題に長年取り組んできた山口邦明弁護士は、0増5減では何の解決にもならないと、これを一蹴する。
 山口氏は「本質は格差の倍率などではなく、定数配分の在り方こそが違憲である」として、まず各都道府県に別枠で一議席を割り当てている「一人別枠方式」を改める必要があると指摘する。その場合「21増21減」が必要になると言う。
 山口氏はまた、現状で一票の価値に4倍以上の格差がある参院選挙についても、今夏の選挙の差し止め請求を東京地裁に行っている。
(聞き手:神保哲生(ビデオニュース・ドットコム))

山口 邦明やまぐち くにあき
(弁護士)

1940年広島県生まれ。早稲田大学法学部卒業、同大大学院法学研究科修了。67年弁護士登録。東京弁護士会副会長、日本弁護士連合会常務理事などを歴任。衆院中選挙区1976年違憲判決、衆院選1990年違憲状態判決、衆院選2011年違憲状態判決、2012年衆院選差止請求、2013年参院選差止請求などの一票の格差訴訟の原告弁護士。
安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除