2014年9月20日
  • 文字サイズ
  • 印刷

基地建設に反対する市民が辺野古の浜に結集

プレスクラブ

 名護市辺野古の砂浜で9月20日、米軍の新基地建設に反対する大規模な集会が開催され、約5500人(主催者発表)が県内外から参加した。
 沖縄県知事選に出馬を表明している翁長雄志那覇市長は、「いま改めて、この辺野古の海を埋め立てさせてはいけない、絶対に阻止しようと決意を固めた」と演説し、11月16日の知事選では辺野古の基地建設への反対を訴えていく姿勢を明確に示した。
 また、沖縄県選出の野党国会議員や県議会議員らが相次いで登壇し、基地建設反対で協調して現職の仲井真弘多知事と戦っていく意思を改めて訴えた。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除