2015年5月26日
  • 文字サイズ
  • 印刷

安保法制は「85~95点」と高い評価/齋藤隆・元統合幕僚長が日本記者クラブで講演

プレスクラブ(2015年5月26日)

 元海上自衛隊の自衛官で統合幕僚長を務めた斎藤隆氏が5月26日、日本記者クラブで講演し、安倍内閣が今国会での成立を目指す安保法制について「85~95点の及第点」と高い評価を下していることを明らかにした。

 斎藤氏は安保法制によって「日本が色々なカードを持って、抑止力として働く」ことが期待できるとして、結果的に自衛権を発動しなければならないリスクが軽減するとの見方を示した。

 また、自衛隊員のリスクについても、過去の掃海艇派遣やインド洋での給油活動、イラク派遣など既に高いリスクを負っており、今回の法改正によって「リスクが高くなっているとは思えない」と語った。

 
斎藤隆さいとう たかし
元統合幕僚長
1948年、神奈川県生まれ。1970年、防衛大学校卒(14期)。同年、自衛隊入隊。潜水艦「はましお」艦長、海幕防衛部長などを経て、舞鶴地方総監、横須賀地方総監などを歴任。2005年、第27代海上幕僚長、06年、第2代統合幕僚長に就任。09年、自衛隊退官。td>

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除