専門家会議の役割の明確化を

新型コロナ専門家会議の座長らが会見

プレスクラブ プレスクラブ

完全版視聴について

現在のページで完全版をご視聴いただけます。 から会員費をお支払いただくことでご覧いただけます。
完全版視聴期間 期限はありません
公開日 2020年06月24日

概要

脇田隆字氏(国立感染症研究所所長)
尾身茂氏(地域医療機能推進機構理事長)
岡部信彦氏(川崎市健康安全研究所所長)

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーは6月24日、日本記者クラブで行われた記者会見で、新型コロナウイルス感染症の拡大が始まって以降のこれまでの専門家会議の活動を総括したうえで、今後のためにも会議の役割や政府との関係を明確にすべきとの考えを示した。

 会見に参加したのは、座長で国立感染症研究所所長の脇田隆字氏のほか、副座長で政府対策本部諮問委員会会長の尾身茂氏と川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦氏の3名。

 会見では、日本で新型コロナウイルスによる死者が少なかった理由として、感染が欧米諸国ほど拡がらなかったためとの見解が示された。また、専門家会議の会合の議事録が作成されていない問題については、3氏とも議事録の作成や公開の有無は政府が決めることとしたうえで、会議の発足時に自由闊達に意見を述べるために、議事録ではなく議事概要のみを残すとの説明を受けたことを明らかにする一方で、適切な時期に会議の内容が検証されることは必要だとの考えを示した。

ディスカッション

コメントの閲覧、投稿は会員用機能です。
会員の方はログイン
会員でない方は入会(月額550円)

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について