2013年7月10日
  • 文字サイズ
  • 印刷

遠隔操作ウィルス事件続報
佐藤博史弁護士らが記者会見

プレスクラブ

 遠隔操作ウィルス事件の容疑者・片山祐介氏の弁護人を務める佐藤博史弁護士らが7月10日、検察庁で犯人性に関する証拠の開示を受けた後、記者会見を行い、事件と片山さんを結びつける検察側の根拠は「拍子抜けするようなものだった」と語った。
 この日開示された証拠の中には、江ノ島の猫に遠隔操作ウィルス入りのメディアが埋め込まれた首輪を付けたのが片山氏であった可能性がうかがえるものや、派遣先のパソコンで遠隔操作ウィルスを作成した痕跡とされるものなどが含まれていたが、片山氏が遠隔操作ウィルス事件の犯人であることを直接裏付ける証拠は何ひとつ含まれていなかったと佐藤氏は語った。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除