2013年8月12日
  • 文字サイズ
  • 印刷

陸山会事件続報
市民団体が田代元検事を虚偽報告で再告発

プレスクラブ

 陸山会事件の捜査で虚偽の捜査報告書を作成したとして刑事告発されていた田代政弘東京地検元検事が、別の機会にも虚偽の捜査報告書を提出していたとして、8月12日、再び刑事告発された。
 告発したのは、先に生活の党の小沢一郎代表を強制起訴した検察審査会に虚偽の報告書を提出していたとして田代氏を告発した、市民団体「健全な法治国家のために声を上げる市民の会」。
 同会の八木啓代氏によると、田代元検事ら2人が、小沢氏の元秘書の石川知裕衆議議員逮捕するために、石川氏が「生きていられない」と供述したとする虚偽の報告書を裁判所に提出し、不当に逮捕状を発効させていた疑いがあるという。
 虚偽の報告書が提出されていたことの根拠として八木氏は、大阪地検特捜部の証拠改ざん事件で有罪判決を受けた前田恒彦元検事が、自身のブログサイトで田代元検事から聞いた話として「報告書に『小沢先生に申し訳なくて生きていけない』という、実際にはない石川氏の発言を記載した」と公表していることを挙げている。
 八木氏は前田氏の記事が信用に足ると考える根拠として、氏の証言によって、彼の上司だった大阪地検特捜部の大坪弘道部長らが逮捕・起訴されている点を強調する。前田氏の記事がデタラメであれば、「大阪地検特捜部事件における検察の立証そのものが崩れてしまう」と八木氏は語った。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除