2013年9月4日
  • 文字サイズ
  • 印刷

最高裁、婚外子相続差別に「違憲」の判断
弁護団が喜びの記者会見

プレスクラブ

 結婚していない男女間に生まれた婚外子の相続分を法律婚の子の半分とする民法の規定を巡る裁判で、最高裁大法廷は4日、これを違憲とする決定を下した。
 この決定を受けて、原告(婚外子側)弁護団の岡本浩弁護士らが4日、東京霞ヶ関の司法記者クラブで記者会見を行った。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除