2013年9月10日
2013年9月10日
  • 文字サイズ
  • 印刷

遠隔操作ウイルス事件続報
同僚のPCからも遠隔操作プログラムを発見
片山被告弁護団が会見

プレスクラブ

 遠隔操作ウィルス事件で現在勾留中の片山祐輔氏の弁護団が9日、記者会見を開き、片山氏の派遣先の職場の同僚のパソコンからも遠隔操作ウィルスが発見されていた事実が、このたび開示された検察の調書によって明らかになったと語った。
 片山氏は派遣先の会社で片山氏が使用していたPCから遠隔操作プログラムの「iesys.exe」が見つかったことから、このプログラムを使って他人のパソコンを遠隔操作した疑いがかけられていた。
 しかし、片山氏の職場から押収された19台のパソコンのうち、少なくとも同僚が使用していた1台から「iesys.exe」が見つかったことが、検察の調書に書かれていたことを、主任弁護人の佐藤博史弁護士が明らかにした。そのパソコンを使用していた同僚は、事件への関与を否定しているという。
 佐藤弁護士は片山氏は遠隔操作ウィルス事件の犯人ではなく、「遠隔操作された被害者」であると主張している。
 佐藤弁護士はまた、一部の報道機関が、警察が押収した片山氏の携帯電話から、遠隔操作ウィルスの入ったSDカードを付けた江ノ島の猫の写真が見つかったと報じたことについて、検察からはそのような証拠は何一つ提示されていないことを指摘した上で、「皆さんは誤報をしたのか。騙されたのか。ペンを持っている皆さんが検察の暴走を止めるのか、それとも大本営発表を続けるのか」と、マスコミの姿勢を厳しく批判した。

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除