2013年10月25日
  • 文字サイズ
  • 印刷

遠隔操作ウイルス事件続報
「検察は片山氏の単独犯行かどうか分からないと言った」
片山被告弁護団会見

プレスクラブ

 遠隔操作ウイルス事件で起訴、勾留中の片山祐輔氏の弁護団が10月25日第6回公判前整理手続きを受けて記者会見を行い、依然として片山氏の犯人性の証拠を提出しない検察側の姿勢を批判した。
 佐藤博史弁護士は、この日検察側は一部で片山氏の携帯電話から(江の島の猫)の写真が復元されたと報道されたことについてそのような証拠は存在しないことが検察側から明示されたと語った。
 佐藤氏はまた、検察側が今回の事件が片山氏の単独の犯行か複数犯によるものかは分からないと主張していることも明らかにした。

(★映像中、佐藤博史弁護士の字幕が竹田真弁護士となっておりました。すでに修正処理済みですが、修正前の映像をご視聴の方にはここに訂正しお詫びいたします。)

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除