2013年12月25日
  • 文字サイズ
  • 印刷

参院選「一票の格差」訴訟
東京高裁の違憲判決は国会を動かす力になると期待
山口邦明弁護士ら原告グループが会見

プレスクラブ (2013年12月25日)

 「一票の格差」が最大で4.77倍だった今年7月の参院選挙が、議員の定数配分規定に違反しているとして弁護士グループが選挙の無効を求めていた裁判で、東京高裁は25日、選挙を違憲とする判決を下した。ただし、速やかに選挙区割りを変更する上での障害となるなどの理由から、選挙結果は有効とした。
 今年の参院選の無効を求める裁判で違憲判決が出たのは、広島、大阪に次いでこれが3件目となった。
 判決後、記者会見を行った原告の山口邦明弁護士は、裁判所が国会の不作為を明確に批判したことで、「今日の判決は国会を動かす力になるのではないか」と語った。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除