2013年7月18日
  • 文字サイズ
  • 印刷

遠隔操作ウイルス事件続報
「検察の敗北宣言だ」
第三回公判前整理手続きを受けて片山被告の弁護団が会見

プレスクラブ

 遠隔操作ウィルス事件で7月18日、第三回の公判前整理手続きが行われたことを受けて、起訴・勾留中の片山祐輔被告の弁護団が同日、記者会見を行った。
 片山氏の弁護人の佐藤博史弁護士は、検察側が公判で片山氏の犯行を証明するための「証明予定事実」について、確実な証拠を何も出せていない状況が続いているとして、検察側の対応を批判した。
 佐藤氏はまた、検察が片山氏をウィルス作成罪ではなくウィルス供用罪でしか起訴できなかったことについて、「私に言わせればこれは検察の敗北宣言だ」と語った。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除