2011年3月17日
  • 文字サイズ
  • 印刷

福島原発事故
京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏電話インタビュー

インタビューズ (2011年03月17日)

 17日午前、福島第一原発2、3、4号機で白煙が確認された。自衛隊が空から放水するなど、冷却作業が続いている。
 福島原発事故の現状と今後想定される問題点について、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏に、ジャーナリストの青木理が聞いた。

小出 裕章こいで ひろあき
(京都大学原子炉実験所助教)

1949年東京都生まれ。72年東北大学工学部原子核工学科卒業。74年東北大学大学院工学研究科原子核工学修了。74年から現職。伊方原発訴訟住民側証人。著書に『放射能汚染の現実を超えて』、『隠される原子力 核の真実』、共著に『原子力と共存できるか』など。
安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除