2001年7月27日
  • 文字サイズ
  • 印刷

スキャンダリズムの公益性

岡留安則氏
マル激トーク・オン・ディマンド 第21回

 森喜朗元首相の買春疑惑報道を巡り、雑誌『噂の真相』は森元首相に名誉毀損で提訴されている。岡留氏は、「公人のスキャンダルを報道する事は、投票した人の権利を守るといった重大な公益性がある」と語る。記者クラブ制度などにより大手メディアがタブーに踏み込めず、調査報道もほとんど出来ない中で、雑誌メディアの持つ役割について考えた。
 また、2日後に迫った参院選についても議論が白熱し、小泉人気や首相の靖国参拝についても考えた。

  • 登録
  • 解除