2001年11月12日
  • 文字サイズ
  • 印刷

日本人は納得しても動かない

マル激トーク・オン・ディマンド 第35回

ついにマル激の有料化が始まった。これでビデオニュース・ドットコムは、広告に依存ぜず、視聴者の方々に浅く広く支えていただきながら公共的な役割の果たし方を模索するニュース局としての道を正式に歩み始めることになる。
その第一回目、前半は、テロとの戦争を大義に米英で次々ととられている情報規制の現状を考えた。なぜ民主主義を重んじているはずの米英両国が、こうも簡単に表現の自由という近代法の要諦を放棄してしまっているのか。
後半は、村社会の日本における天皇という存在の合理性を議論した。

  • 登録
  • 解除