2002年4月12日
  • 文字サイズ
  • 印刷

日本の牛乳はなぜまずいのか

マル激トーク・オン・ディマンド 第57回

 日本人の多くは、超高温殺菌乳という変わった牛乳を飲まされている。日本ではなぜ国際標準とも言うべきパスチャライズド(低温殺菌)牛乳が普及しないのか。そして、なぜ私たちの多くが、そんな初歩的な事実さえ知らされていないのか。消費者の利益の犠牲の上に成り立つ業と官の癒着と、それを許す怠慢なメディア。日本病の典型がそこに見えてくる。

  • 登録
  • 解除