2002年4月26日
  • 文字サイズ
  • 印刷

個人情報保護法の真意を見逃すな!

マル激トーク・オン・ディマンド 第59回

 個人情報保護法案の審議が国会で始まり、報道機関は一斉に反対の論陣を張っている。神保氏は同法案の問題点を指摘しつつも、メディアが社説以外の形でスタンスを取ることのリスクを指摘した上で、「公明党の修正案で報道が対象から外れた時、メディアはこの法案に反対する理由を失うが、この法案には他にも問題がたくさんある」と主張。宮台氏は、法案の本来のターゲットが報道ではなくインターネットなどのネットワークにある可能性を指摘した上で、メディアが自分のことに夢中になり、この問題に対する客観性を失っていると語った。

  • 登録
  • 解除