2002年8月9日
  • 文字サイズ
  • 印刷

住基ネット続報

マル激トーク・オン・ディマンド 第74回

 防衛庁の機密漏洩事件は、高度な防衛情報でさえ、関係者がその気にさえなれば、いくらでも情報の持ち出しが可能であることを露呈した。その前提に立ち、住基ネットの危険性を改めて考えてみた。その他、パス乳続報、中間集団主義、日本ハム問題、日航機事故17年目の再考など。

  • 登録
  • 解除