2002年8月16日
  • 文字サイズ
  • 印刷

靖国参拝論争に対する愛国主義的考察

マル激トーク・オン・ディマンド 第75回

 愛国と国粋とは本質的に異なる。真に国を愛する者は決して国益を無視した主張はしない。今の日本にとって、閣僚の靖国参拝にこだわることが果たして本当の意味で国益に資するかどうかを、改めて考えてみた。その他、「欧米報道機関の日本離れ傾向が進む」、「田中県政の評価」など。

  • 登録
  • 解除