2002年9月20日
  • 文字サイズ
  • 印刷

日朝会談とイラク問題

マル激トーク・オン・ディマンド 第80回

 歴史的な日朝会談では、ワイドショー化した報道によって拉致問題だけに焦点が当てられ、会談の歴史的な意味を理解することが困難になっていた。感情論に終始した日本のメディアの手法に警鐘を鳴らす。また、一国至上主義をひた走るアメリカに今何が起きているのか、この先どこに向かうのかを考えてみた。

  • 登録
  • 解除