2002年12月6日
  • 文字サイズ
  • 印刷

出来レースの内部対立劇に惑わされるな

マッド・アマノ氏(パロディスト)
マル激トーク・オン・ディマンド 第91回

 最近、権力内部の意見対立が目立つ。自民党、ブッシュ政権、そして今井委員長が辞任した民営化推進委員会にしても然り。しかし、内部論争が強調されることで、私たちはその政策や提案があたかも正規のチェックを受けていると錯覚していないだろうか。より劣悪な案を示唆することで、目の前の提案がいいものであるかのように見せる演出は、権力の常套手段だと、パロディストのマッド・アマノ氏は指摘する。長年パロディを通じて権力をチェックしてきたアマノ氏と、ガス抜きとしての権力側の出来レースについて考えてみた。

  • 登録
  • 解除