2003年1月10日
  • 文字サイズ
  • 印刷

「民主なき愛国」と「愛国なき民主」不毛な選択からの脱却

マル激トーク・オン・ディマンド 第95回

 民主なき愛国は国粋であり、愛国なき民主は衆愚に過ぎない。年初に当たり、通常「愛国」と訳される「パトリオット」を、その語源により忠実な愛郷と訳し直すことで、今年の日本の選択を模索してみた。

  • 登録
  • 解除