2003年2月7日
  • 文字サイズ
  • 印刷

パウエル演説とシャトル事故に見るアメリカ帝国凋落の兆し

マル激トーク・オン・ディマンド 第99回

 パウエル米国務長官が提示した「イラク大量破壊兵器保有の証拠」は、全くお粗末な内容だった。元国連査察官のスコット・リッター氏は、「兵器保有の証拠には程遠い」とその内容を一蹴している。一方、スペースシャトル「コロンビア」の事故は、NASAという組織が如何に疲弊していたかを露にした。これを単なる大国の驕りの結果と見るべきか、帝国凋落の始まりと見るべきか、考えてみた。

  • 登録
  • 解除