2003年2月28日
  • 文字サイズ
  • 印刷

対イラク攻撃が正当化されない理由

横田洋三中央大学教授(国際機構論)
マル激トーク・オン・ディマンド 第102回

 来日したアメリカのパウエル国務長官は、新たな国連決議が無くとも対イラク攻撃を行う用意があることを示した。しかし、そもそもこの攻撃は国際法上正当化できるものなのだろうか。国連を無力化しかねないアメリカの単独行動主義が21世紀の国際社会に与える影響を考えた。

  • 登録
  • 解除