2003年3月21日
  • 文字サイズ
  • 印刷

この戦争を私たちはどう考えるべきか

マル激トーク・オン・ディマンド 第105回

 どう考えても大義の無い戦争が始まった。それも、超大国による、圧倒的に軍事力が劣る相手への一方的な軍事行動だ。そして日本政府は、十分な説明もないまま、この戦争を全面的に支持した。一方メディアは、あたかもこれが「普通の戦争」であるかのように、報道合戦に繰り広げている。しかし、今こそこの戦争の歴史的な意味を正確に見極めたい。同じ過ちを繰り返さないためにも。

  • 登録
  • 解除