2003年4月11日
  • 文字サイズ
  • 印刷

やっぱり危ない修正個人情報保護法

梓澤和幸氏(弁護士)
マル激トーク・オン・ディマンド 第108回

 修正個人情報保護法案は、メディアを直接の対象から外すことで、あたかも問題が解決したかのような喧伝がなされているが、言論統制法としての本質的な問題点は何ひとつ解決されていない。この法案がいかに自由な言論への脅威となり得るか、その危険性を改めて検証する。他、クラスター爆弾がなぜ問題なのか、など。

  • 登録
  • 解除