2003年8月1日
  • 文字サイズ
  • 印刷

監視カメラの氾濫で市民が失うもの

マル激トーク・オン・ディマンド 第124回

 監視カメラが解決の決め手となる事件が相次ぎ、その導入を推進する地域が増えているという。一般市民の間にも、これを歓迎する声が強い。しかし、プライバシー面で本当に問題はないか。監視に依存する社会のリスクと代償を考えた。他、日米地位協定論争など。

  • 登録
  • 解除