2003年8月22日
  • 文字サイズ
  • 印刷

運用体制の不備が住基ネットの落とし穴に

山田宏 東京・杉並区長
マル激トーク・オン・ディマンド 第127回

 住基ネットが、25日から本格稼動し、いよいよ住基カードの発行が始まる。システムの安全性に対する懸念が根強く残る一方で、 実際に住基ネットを運用する自治体の受け入れ態勢の不備が指摘されている。住基ネット不参加を表明している東京・杉並区の山 田宏区長を招き、住基ネットの利便性と危険性の折り合いをどこに見出すべきかを考えた。

  • 登録
  • 解除