2003年10月31日
  • 文字サイズ
  • 印刷

この最高裁でいいのか

マル激トーク・オン・ディマンド 第137回

 総選挙と同時に最高裁判事の国民審査が行われるが、世の中の無関心をよそに、最高裁は多くの問題を抱えている。特に国権と民権の境界を問うような重要な事 案において、元司法官僚の判事は常に合憲判断を、弁護士出身の判事は常に違憲判断を下す傾向が強い上に、両陣営の判事の構成比が固定されていて、憲法審査 がこの上もなく形骸化しているのだ。「憲法の番人」が本来の役割を果たすために、私たち一人一人に何ができるかを考えた。

  • 登録
  • 解除