2003年12月21日
  • 文字サイズ
  • 印刷

対米追従の向こうに何が見えるか

中村敦夫氏 (参議院議員)
マル激トーク・オン・ディマンド 第144回

 イラク攻撃に揺れた2003年。小泉政権はいち早く米国支持を打ち出したものの、平和憲法との矛盾が日本国民全体に重くのしかかっている。結局日本は対米追従しかないのか。それとも別の選択肢を見逃しているのか。マル激公開収録第2弾は、外国特派員協会で中村敦夫参院議員をゲストに迎え、2003年を総括し、来年の展望を探った。

  • 登録
  • 解除