2004年2月11日
  • 文字サイズ
  • 印刷

日本に裁判員制度は根付くか

片山徒有氏 (市民の裁判員制度つくろう会 代表世話人)
マル激トーク・オン・ディマンド 第151回

 裁判員制度の導入を定めた法案が、今国会に提出される。可決すれば、毎年2万5千人の一般市民が、裁判員として刑事事件の公判に関わることになる。新しい制度のもとで、司法がより身近な存在となることが期待されるが、同時に新たな課題の発生も予想される。特にメディアによる裁判員への取材のあり方については、過熱報道が懸念される一方で、メディアの行き過ぎた自主規制への懸念も根強い。一市民の立場から裁判員制度に関わってきた片山徒有さんと共に、裁判員制度が機能するために必要なことは何かを考えた。

  • 登録
  • 解除