2005年4月24日
  • 文字サイズ
  • 印刷

憲法シリーズ第2回
日本人にはまだ憲法は書けない

小室直樹氏(政治学者)
マル激トーク・オン・ディマンド 第212回

 衆参の憲法調査会で最終報告書がまとまり、国会で憲法改正が喧しく議論されている。しかし、政治学者の小室直樹氏は、このままでは、憲法改正は見送られるだろうとの見方を示す。その理由は、憲法とは「国民意識の反映」であり、憲法意識が欠如 していては憲法を書き直すことなど無理だからだと言う。
  憲法とは何なのか、憲法改正にどのような意味があるのか。憲法の役割やここまで の憲法改正論議の問題点を、宮台氏の師匠でもある小室氏と共に考えた。他、中国の反日デモなど。

アメリカ大統領選
安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
  • 登録
  • 解除