2007年10月28日
  • 文字サイズ
  • 印刷

私がデブをやめた理由

岡田斗司夫氏(作家・評論家)
マル激トーク・オン・ディマンド 第343回

 今回のマル激は、近著『いつまでもデブと思うなよ』が36万部を突破した、通称「オタキング」こと、作家・岡田斗司夫氏をゲストに迎えた。
 岡田氏は、「オタキング」の名にふさわしい体重100キロを越える巨体がトレードマークだったが、自らが提唱する「レコーディング・ダイエット」により、1年間で約50キロの減量に成功し、現在65キロのスリムな体型を維持している。スタジオに現れた岡田氏は、旧知の仲の宮台真司が「一瞬、誰だかわからなかった」と驚くほど、変貌を遂げていた。
 50キロのダイエットはさぞかし辛い体験と思いきや、岡田氏は、ダイエット自体は決して苦しくはなく、むしろ楽しくワクワクする経験だったと語る。 岡田氏のダイエットのきっかけは、グルメ本の企画のために、自らの食生活をすべて記録しはじめたことだった。それが次第にカロリーまで詳細に記録するレコーディング・ダイエットへと発展した。いざ1日のカロリーを基礎代謝の1500キロカロリーに抑える段階にきても、詳細に食生活とカロリーを記録することで、自分の食生活を強く意識することができているため、食事制限はそれほど苦しくならない。それがレコーディングダイエットの要諦となる。
 ダイエットを経験して初めてわかった重要なことが、いくつかあると岡田氏は言う。その一つが、「デブは、デブであり続けるために、日々並々ならぬ努力をしている」という意外な事実だった。太っている人は、太るための食生活を日々無意識の内に送っており、マスコミで垂れ流されるグルメ情報や、次々登場する新商品のCM、見栄え優先でカロリー高めの惣菜など、日本の社会構造がそれを支えている。漫然と情報の洪水に浸って抗わないでいると、太らざるを得ないような社会に我々は生きていることに気づかなければならないと、岡田氏は指摘する。
 岡田氏はまた、自分が痩せたことで、周囲の自分に対する扱いが大きく変わるのを目の当たりにして、日本がいかに「見た目主義社会」に変貌しているかを痛感したという。家柄主義、学歴主義、ブランド主義と変遷を続けた日本が、いまや前代未聞の「見た目主義社会」に突入していると、実体験に基づいて指摘する岡田氏の言葉は重い。
 究極の減量法「レコーディング・ダイエット」を入り口に、日本社会が抱えるさまざまな問題と見た目がすべてを決する日本の今、そして見た目主義の次に来るものなどを、深く語り合った。

岡田 斗司夫おかだ としお
(作家・評論家)
1958年大阪府生まれ。85年アニメ制作会社ガイナックス設立。92年退社。94年、東京大学非常勤講師。97年、株式会社オタキング設立、代表取締役に就任。03年、マサチューセッツ工科大学非常勤講師。05年より大阪芸術大学芸術学部キャラクター造形学科客員教授。著書には『オタク学入門』、『「世界征服」は可能か?』、『いつまでもデブと思うなよ』など。 343_okada

 

  • 登録
  • 解除