2013年1月31日
  • 文字サイズ
  • 印刷

太陽光の買い取り価格は30円台後半まで下げられる
茂木敏允経済産業大臣記者会見

プレスクラブ (2013年01月31日)

 茂木敏充経産相は1月21日、日本記者クラブの会見で、固定価格買い取り制度(FIT)に基づく太陽光発電の買い取り価格を現行の42円から30円台後半へ引き下げる考えを明らかにした。
 茂木氏は「太陽光の発電設備の価格が相当程度下がってきている。30円台後半まで下げられるのではないかと思っている」と語った。

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除