2002年12月13日
  • 文字サイズ
  • 印刷

和歌山カレー事件判決にみる権力への警戒心の希薄化現象

マル激トーク・オン・ディマンド 第92回

 和歌山カレー事件で下級審は死刑の判決を下した。しかし、動機も解明されないまま状況証拠のみに依拠した死刑判決には、多いに疑問が残る。過熱報道によって形成された圧倒的な世論のもとで、果たして司法が中立性を維持できるのか、公正な裁判が期待できるのかどうかを考えてみた。その他、政治ジャーナリスト角谷浩一氏による野田保守党党首離党騒動の真相など。

  • 登録
  • 解除