2005年11月25日
  • 文字サイズ
  • 印刷

「会社は誰のものか」論を嗤う

小林慶一郎氏(経済産業研究所研究員)
マル激トーク・オン・ディマンド 第244回

 ライブドアのニッポン放送株買収劇に続き、村上ファンドが阪神電鉄株を取得し阪神タイガースの上場を求めたり、楽天がTBSの筆頭株主として経営統合を申し入れるなど、資本の論理が猛威を振るっている。また、それに呼応する形で、資本至上主義や株主主権論に対する異論も呈されるなど、この論争は日本の企業経営のあり方を根幹から問う問題になりつつある。
 しかし、一連のM&A騒動が真に問うているものは、果たして株主主権論の是非なのだろうか。マクロ経済学の専門家で企業論に詳しい小林氏は、今問われているのは健全な経営がなされているか否かであり、会社が誰のものかをめぐる議論はことの本質をついていないと説く。
 また小林氏は、そもそも会社は株主のものでもあると同時に、社員のものでもあり、そのどちらが欠けても会社は成り立たない以上、会社が誰のものかを論じることにはそれほどの意味はないとの立場を取る。
 しかし、とは言え、日本が本格的なM&A時代に入った今、私たちは資本の論理を企業経営における絶対的な価値として受け入れるのか、あるいはそれに変わる何らかの新たな価値基準を打ち出すことができるかが問われていることに変わりはない。
 日本もグローバル化の流れの中で、米英流の資本至上主義に突入するのは避けられないことなのか。そうすることで日本が失うものはないのか。日本の古い馴れ合い体質でもない、しかし株主主権論でもない、第三の道は残されていないのか。小林氏とともに考えた。

マル激トーク・オン・ディマンド

「マル激トーク・オン・ディマンド(通称マル激)は、『ビデオニュース・ドットコム』の開局以来、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司がお送りしている新しいタイプのニュース番組。 時間編成に縛られないインターネットの特性を最大限に活かし、多彩なゲストとともに、毎週重要なニュースを独自の視点から徹底的に掘り下げています。 特別企画「5金スペシャル」は、第5週の金曜日にドキュメンタリーや海外映画を取り上げるなど普段とはひと味違う内容で無料公開中。「マル激トーク・オン・ディマンド」の無料サンプルはこちら

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2014年4月より40円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除