2013年2月1日
2013年2月1日
  • 文字サイズ
  • 印刷

固定価格買い取り制度は逆進性が問題

澤昭裕氏(経団連21世紀政策研究所研究主幹)
インタビューズ (2013年02月01日)

 元経産省課長で、現在、経団連21世紀政策研究所の研究主幹を務める澤昭裕氏に、施行から7ヶ月を迎えた再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度について、ここまでの評価を聞いた。
 澤氏は電力会社が買い取り価格を保証し、それを電気料金に上乗せする固定価格買い取り制度に対して、一般家庭の電気料金の負担が大きくなりすぎる恐れがあるとして、制度そのものに反対してきた。
 澤氏はまた、固定価格買い取り制度は、再エネの普及が進めば進むほど、ユーザー負担が大きくなる点を問題視し、実際に太陽光パネルの設置できる人は住宅の所有者などに限られる一方で、低所得層に対しては電気代を通じて負担を強いる点も、再分配に逆行する制度であると指摘する。

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除